仏画強奪図る、韓国籍の男に懲役12年…ネットで仲間募集

愛知、福井両県内の寺から国の重要文化財の仏画を強奪しようとしたとして、強盗致傷罪などに問
われた韓国籍で住所不定、無職金在七(キム・ジェチル)被告(48)の判決が30日、名古屋地裁で
あった。

近藤宏子裁判長は、金被告がインターネットの在日韓国人向け求人サイトで仲間を募っていたことを
明らかにし、「大胆で悪質」として、懲役12年(求刑・懲役15年)を言い渡した。

判決によると、金被告は仲間数人とともに、2005年8月、愛知県御津町の寺に侵入。国指定重要
文化財の仏画の盗み出しには失敗したが、寺関係者を包丁で刺してけがをさせて逃走した。06年9
月には福井県敦賀市の寺に侵入し、寺職員を金属バットで殴り、拝観料約40万円を奪った。

判決などによると、金被告は、高額で取引される高麗時代の仏画などに目をつけ、インターネット上の
在日韓国人向け求人サイトに、「日本語ができる人」「運転ができる人」「報酬1億ウォン(約1000万
円)以上」といった条件を書き込んで仲間を募集。インターネットで仏画を所蔵する寺などを調べて犯
行計画を立てた。

▽ソース:読売新聞(2007-08-30 20:43分)
http://megalodon.jp/?url=http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070830i214.htm&date=20070830221450


[PR]
# by ttango2 | 2007-08-30 22:59

精神・行動異常疾患による死亡者数、日本の10倍

「糖尿病・精神異常疾患による死亡率、OECD最高水準」

韓国国民の糖尿病による死亡率が著しく高いことが分かった。

大韓医師協会傘下の医療政策研究所が25日、経済協力開発機構(OECD)の医療・保健統計資料を分析した結果、人口10万人当たりの糖尿病による死亡者は1985年の10.8人から、02年には35.5人に増えた。

これは日本(5.9人)や英国(7.5人)はもちろん、糖尿病による死亡率が比較的高いドイツ(16.6人)や米国(20.9人)を大きく上回る数値で、OECD国家で最高水準だった。OECD平均は13.7人。

これとともに精神・行動異常疾患による死亡者も急増し、OECDで最も高い水準であることが分かった。韓国の場合、1985年は10万人当たり5人だったが、02年には17.7人と大幅に増えている。これは日本(1.7人)のおよそ10倍で、ドイツ(6.7人)や英国(15.8人)よりも多い。OECD平均は11.8人だった。

※「精神・行動異常疾患による死亡」とは
ICD10 国際疾病分類における、ICDコードF00-F99 精神及び行動の障害 が原因で死亡することと考えられます。
アルツハイマー、認知症、精神障害、アル中をはじめとする中毒症状、うつ病等、人格障害などが含まれます。
http://www.dis.h.u-tokyo.ac.jp/byomei/ICD10/F00-F99.html

▽ソース:中央日報(2007-02-25 13:05:33)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=84919&servcode=400§code=400


[PR]
# by ttango2 | 2007-02-25 23:14

オーストラリアで性売買の韓国女性56人追放

2004年7月から2005年6月まで1年間オーストラリアで不法に性売買をして摘発され、追放された
韓国女性が56名いることが分かった。

現地同胞インターネットメディアである「オーストラリア・オンライン・ニュース」は2日、オーストラリア移民部
不法移民取り締まり統計資料を引用してこの期間に摘発された外国人は全部で290人で、韓国人
は全体の19%、タイ(73人)と中国(63人)に続いて第三位だと伝えた。

不法性売買で摘発された韓国女性は2002~2003年は37人(15%)だったが、2003~2004
年は90人(25%)に急増し、2位に上がって現地で問題になった。

性売買不法就業者は訪問ビザ所持者が全体の53.5%と一番多かった。臨時ビザ30.5%、就
業、観光、事業ビザなど日時居住ビザ8%、学生ビザ8%などの順序に集計された。

▽ソース:ネイバーニュース(韓国語)を翻訳<豪 性売買韓国女性 56人追放>
http://news.naver.com/news/read.php?mode=LSS2D&office_id=001&article_id=0001187472§ion_id=001§ion_id2=104&menu_id=001


[PR]
# by ttango2 | 2007-01-02 22:19

韓国型精神分裂病の遺伝的要素を発見

西洋の人にはなく、韓国人の精神分裂病患者にのみあらわれる遺伝子の変移が、韓国内の研究陣によって確認された。

蔚山(ウルサン)医大・ソウル峨山(アサン)病院の宋奎暎(ソン・ギュヨン、生化学科)、金昌潤(キム・チャンウン、精神科)教授らは23日、精神分裂病の患者320人と正常な人379人を対象に、体内のCOMT(カテコール-0-メチル基転移酵素)遺伝子の一塩基変異多型(SNP、特定遺伝子の変移)を調べたところ、72番のアミノ酸が「アラニン」から「リン酸」に変わる場合、精神分裂病の危険性が高まることが分かった、と発表した。

今回の研究結果は、遺伝体研究分野の米学術誌「ヒューマンジェナティックス」(Human Genetics)の今年1月号に掲載された。

▽ソース:中央日報(2005-01-23 16:29:33)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=59857


[PR]
# by ttango2 | 2005-01-23 23:26

偽証が氾濫する法廷、日本の671倍も

何の罪もない人を罪人に仕立て上げ、罰を受けるべき人の罪を覆い隠す「偽証」が法廷ではこびっている。

偽証とは民・刑事および行政訴訟などで、事実を明らかにするために裁判に出頭した証人が嘘をつくこと。検察が起訴した偽証事犯は2002年1343人。98年の845人に比べ4年間で60%近く増えている。

検事が同席している刑事裁判はまだいい方だが、民事裁判は「嘘の競演場」だという言葉が出てくる程だ。

特に、偽証自体がほとんどないに日本とは統計だけでもはっきりとその違いが分かる。

2000年の場合、韓国で偽証罪で起訴された人が1198人であることに比べ日本は5人だった。韓国と日本の人口の差を考慮した場合、国内の偽証が日本の671倍に達するというのが最高検察庁の分析だ。

偽証がこのように多い理由は、嘘を大したことと思わない社会の風潮と、「情」にもろい韓国の文化が最も大きな理由だと判・検事は話す。

清原(チャンウォン)地方裁判所・晋州(チンジュ)支部の尹南根(ユン・ナムグン)部長判事は「親しい人に不利益を与えたくないという理由で、証人としての出頭を極力避け、出頭したとしても『思い出せない』と答えるケースが多い」と話す。

尹部長判事は「このような証人は悪人というよりは、他人に悪いことを言えない典型的な韓国人である」と付け加えた。

偽証に対する処罰が軽いのも原因のひとつとして挙げられている。2001年、全国の裁判所が処理した計846件の偽証事件のうち、実刑が宣告されたのは181件(21%)だった。

同年、刑事裁判全体(20万件)の中、実刑が宣告された事件は25%水準の5万件だった。偽証罪は故意性が強い場合、最高懲役10年まで宣告することができるが、軽い処罰で済むケースが多い。

こうした現実は外国と比較するとさらに浮き彫りになる。ビル・クリントン前米大統領は2001年11月、
米連邦最高裁に弁護人リストから除名された。ホワイトハウス元実習生のモニカ・ルインスキーとの性スキャンダルなどで偽証したことに対する厳しい代償だった。

クリントン前大統領はこれに先立ち、アーカンソー州でも弁護士資格を停止された。嘘を容認しない文化がこうした措置の背景にあるというのが法曹人の見方だ。米連邦最高裁傘下の量刑委員会が作った「連邦量刑指針」によれば、偽証罪は最低でも懲役10~16ヵ月を宣告し、減刑できないように定めている。

最高検察庁の金賢雄(キム・ヒョンウン)公判訟務課長は「偽証は真実を究明する司法機関の業務を妨害し、結局は国の公権力に対する不信も招くことになる」と述べた。 朴世鎔(パク・セヨン)記者

▽ソース:朝鮮日報/朝鮮日報JNS (2003/02/13 19:05:59)
http://www.chosunonline.com/article/20030213000039


[PR]
# by ttango2 | 2003-02-13 22:45