精神・行動異常疾患による死亡者数、日本の10倍

「糖尿病・精神異常疾患による死亡率、OECD最高水準」

韓国国民の糖尿病による死亡率が著しく高いことが分かった。

大韓医師協会傘下の医療政策研究所が25日、経済協力開発機構(OECD)の医療・保健統計資料を分析した結果、人口10万人当たりの糖尿病による死亡者は1985年の10.8人から、02年には35.5人に増えた。

これは日本(5.9人)や英国(7.5人)はもちろん、糖尿病による死亡率が比較的高いドイツ(16.6人)や米国(20.9人)を大きく上回る数値で、OECD国家で最高水準だった。OECD平均は13.7人。

これとともに精神・行動異常疾患による死亡者も急増し、OECDで最も高い水準であることが分かった。韓国の場合、1985年は10万人当たり5人だったが、02年には17.7人と大幅に増えている。これは日本(1.7人)のおよそ10倍で、ドイツ(6.7人)や英国(15.8人)よりも多い。OECD平均は11.8人だった。

※「精神・行動異常疾患による死亡」とは
ICD10 国際疾病分類における、ICDコードF00-F99 精神及び行動の障害 が原因で死亡することと考えられます。
アルツハイマー、認知症、精神障害、アル中をはじめとする中毒症状、うつ病等、人格障害などが含まれます。
http://www.dis.h.u-tokyo.ac.jp/byomei/ICD10/F00-F99.html

▽ソース:中央日報(2007-02-25 13:05:33)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=84919&servcode=400§code=400


[PR]
by ttango2 | 2007-02-25 23:14
<< 仏画強奪図る、韓国籍の男に懲役... オーストラリアで性売買の韓国女... >>