エッ!「漢字は中国起源」じゃないの?韓国の“文化略奪”?に反発強まる―中国

2007年12月12日、新快報は「文化をめぐる中韓の戦い」と題した連載を開始した。近年繰り返さ
れる文化起源・世界遺産申請をめぐる争いを取り上げているが、特に近年韓国の一部学者が主張し
ている「漢字韓国起源説」に注目している。

近年、韓国では「中国文化が実は韓国起源だ」との主張が相次いで発表されている。儒教の始祖で
ある孔子や古代の美女・西施、中国医学の名著「本草綱目」の著者・李自珍はみな朝鮮人で、それ
ばかりか漢方・風水などの中国文化も半島起源だという。これらの韓国起源説はたんなる主張で終わ
らず、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)に世界遺産として登録しようとする動きも見せていると
中国では警戒されている。実際、韓国の「江陵端午祭」が世界無形文化遺産に登録されたことは中
国に大きな衝撃を与えた。

今、特に注目を集めているのが「漢字韓国起源説」。去年10月10日、朝鮮日報は韓国ソウル大学
の朴正秀教授による「漢字は朝鮮民族が発明した」との学説を紹介した。同教授は半島で生まれた
漢字が大陸に持ち込まれ、現在の中国文化を形成したと主張し、韓国政府に漢字の復興と世界遺
産申請とを求めているという。

先日、国際先駆導報は「あまり好きではない国」とのアンケート調査1位に韓国が選ばれたと報道した
が、ネット掲示板を中心に韓国の「中国文化略奪」ともいえそうな動きに反発が強まっている。
(翻訳・編集/KT)

▽ソース:Record China(2007-12-12)
http://www.recordchina.co.jp/group/g13645.html


[PR]
by ttango2 | 2007-12-12 22:55
<< 広がり見せる中国版“嫌韓”、緊... 千曲市で不法滞在の韓国人13人を摘発 >>